後に引けなくなること

私は基本負けず嫌いではないのですが、
「やりたいと思っていたのに、何らかの理由が邪魔してできない」と言う事に対しては、
「絶対やりとげてやる!」と変な闘争心が沸きます。
たとえば友達の家でプレイステーションをやろうとしたとき、テレビの調子が悪くて、
映らなかったことがありました。
その時すでに夜中の12時だったのだけど、なんとしてでもやりたいと友達と燃えてしまい、
友達が「大学の研究室のテレビを持ってくる」と言い出して、
テレビを取りに行ったこともありました。

この間は、いつも行かない街で夜9時ごろご飯を食べようとしたら、
お店が全くなく、意地でも探してやると思い、探し回ってようやく見つけました。
しかし駅から遠い場所だった上、終電の時間を確認しなかったので、終電を逃してしまいました。
昨日も、とても寒くて吹雪いていたのですが、食事をしようとお店に行ったら定休日でした。
そこで帰ればいいものの、さらに歩いて遠くのお店に行ったりしました。
このように変な意地を張って、とても苦労することが多いです。
話しのネタになるからいいんだけどね。

Facebookのいいね!ボタンだけど……。

今日、文房具を特集しているブログでFacebookの「いいね!」の親指の形をしたクリップが売られているという記事を見ました。
他にもFacebookの「いいね」のマークは色々グッズ化されているということを聞いたような気がします。

でも去年「いいね!」ボタンはちょっとデザインが変更されましたよね。たしか一部のボタンのフキダシの中にちょっと残っただけだったと思います。
なんだかこれはすごくもったいない!

せっかく一種のキャラクター(?)グッズのように一般にまで浸透したんだから、このまま「いいね!」マークを前面に押し出していけばいいのに、と。そうすればよりFacebookの存在がわかりやすく一般に浸透するような気がしたのです。
ただのシンボルマークなのに、これくらい親しみやすいマークも珍しいと思ったのですけどね。
そのうちまたFacebookのボタンのデザイン、変更にならないかなあ……。とぼんやりそんな事を思いました。ほんとに惜しい!