koisiteru のすべての投稿

運動音痴の私がするアドバイス

何を隠そう(いや隠す必要はないが)実は私、運動音痴なんです。
先日、知り合いの低学年の子が「なわとびの二重とびができない」と悔しそうに一生懸命練習していました。
「どうしたら出来るようになるの?」と質問されましたので「もっと早く縄を回す練習をしてみたら?」ともっともらしく言ったものの、後ろめたさが残りました。

だって、私、二重とびは一回も飛べないんですから。はやぶさ?3重とび?無理です。
アドバイスを求められて思ったのですが、大人=私って卑怯かも?と。
自分ができないことでも、子ども達には励まして頑張るように言っているんですから。
数日後、その子が二重とびを8回跳べたと言って見せてくれました。

思わず、「やりかた教えて」と言いたくなる衝動にかられたけど、「すごいね!」と褒めてあげました。もちろん、心から。
私には一生できないだろう事を、その子は数日の努力で成し遂げたのはもう偉業にしか思えません。すばらしい!
子どもの持てる力と、出来るまで粘り強く頑張る姿。大人になると何処かに忘れてきてしまう、そんな姿を見せてもらい、少し幸せになりました。

カワウソのジャグリング!

先週の土曜日、久しぶりに動物園へ出かけました。

象やキリンなど目玉動物は数あれど、
私の興味を一番ひいたのはコツメカワウソでした。

最近「志村どうぶつ園」などの
テレビ番組にもよく登場するカワウソ君。

今まであまり注目していなかったのですが、
その見た目の愛らしさにやられてしまいました。

実物を見るともっとやられてしまうことになったのですが…。

開園直後の動物園。
シマウマやアシカなど色々な動物を見ながら
たどり着いたカワウソゾーンにはカワウソ君が。
まだ朝早かったためか3匹いるはずが
1匹しか外に出ていませんでした。

ちょっと残念。

その子は岩と岩の間に嵌ってくつろいでいる様子。
かわいい。

そっと傍によると気配を感じて目を開けました。
目があった瞬間、突然むくっと起き上がり、
なんとこちらへ走ってくるではないですか!

なんだか私たちを見つけて遊びにきたみたい…。
などと妄想していると、ガラスの壁のすぐ傍までやってきました。

すると次の瞬間、どこからもって来たのか
手のひらサイズの石をぱっととりだしたのです!

それを両手でぐにぐにしながらこちらをちら見。
どや顔してます。

おぉ!
と喜んで見ていると、突然口の中から
一回り小さな石を取り出しました!

なぜそんな所から…!

でも驚くのはまだ早い、
今度はその2つの石を使ってお手玉を始めたのです!

大げさでなく、まさにお手玉!!
むしろジャグリング!!

ちゃんと交互に右手左手と移動させながら遊んでいるのです。
時々落としはしますが、とても上手なんです。

そして、
どやっ!!!

驚く私たちを尻目に満足したのか元の場所に戻って
ごきげんでコロコロするカワウソ君なのでした。

どうやら妄想でなく本当にお手玉を見て欲しくて
やって来ていたようです。
なんせちゃんと口の中に仕込んでましたから(笑)

カワウソは本当に賢くて可愛い動物だと知った土曜日だったのでした。

子どものお昼寝中にお菓子づくり

最近はまっているのは、子どものお昼寝中に簡単なお菓子づくりをすることです。
今日は、圧力鍋で小豆を煮て、おしるこをつくりました。おいしー!市販のものと違って、自分で甘さを調節できるところがいいですよね。
今日はちょっと甘さを控えめにつくってみました。でも、もうちょっと甘くてもよかったかも(結局、甘党な私)

あと、最近つくったのは、粉ミルク消費をかねて、牛乳の代わりに粉ミルクを使ったホットケーキ。これは夫にも好評で、粉ミルクを使ったことは気づいてないみたい。
別に大人が食べたって問題ないものだから、言ってもいいのですが、なんとなく嫌がられそうで秘密にしてます。
まだまだ粉ミルクが余ってるから、またつくろうっと。かぼちゃや人参入りもつくりたいな。

一番のお気に入り手作りおやつは、さつまいも羊羹なのですが、最近はおいしいさつまいもが手に入らず、つくっていません。
ふかしたさつまいもに、砂糖と塩を混ぜてつぶすだけなのですが、おいしんですよ~。はやく、さつまいものおいしい秋にならないかな(気が早すぎ)。

12月に彼と会ってから、気の緩みもあってどうやらかなり太ってしまったようだ。今朝は本当にやばいと思った。体重計には怖くて載ってないけど、パンツが苦しくなってきちゃった。

彼が転勤してからは、食欲をセーブできない。寂しいストレスもあるし、いつも会えるわけじゃないからつい安心して食べちゃう。昨日はラーメンだけじゃなく餃子も食べちゃったしね。夜おそい時間にいつも電話で話込んじゃって、そのあとお腹がすいて夜食を食べてるし、遠距離っていいことないな。12月にダイエットしてから、今度こそ維持するぞって心に誓ったのに駄目だったな。

 さっき彼から電話で、3月に今度は私が遊びに行くやになったから、これ以上ブクブクにならないうちにダイエットを再開しなきゃ!飛行機のチケット代も貯金しないといけないから、ケーキもバイキングも我慢して、3月のデートにむけて節約&ダイエット頑張らなきゃね。
 でも、でも、そういえば、彼がいる熊本は美味しいものがいっぱいって聞いてる。初めて行くからラーメンも食べたいし、馬刺しも食べたい。豚足のとっても美味しいお店もあるって言ってた。初めての熊本だし、後悔だけはしたくない。3月のデート貯金とダイエットは、熊本の美味しいものをたらふく食べても大丈夫なように、お財布にも、パンツのウエストにも余裕がいっぱいできるように頑張らないとね!

わが家のシクラメンについて。

私はシクラメンが大好きで、毎年シクラメンを買っています。
今年はネットで見つけた珍しいタイプのシクラメンを3鉢買って、家で毎日眺めたりしています。
そのうちの1鉢の花が咲き終わったところに何だか見たことがないようなものがあるんです。
私が思うにたぶん、シクラメンの種だと思うんです。今までは、シクラメンは球根を育てるんだと思っていたんですが、種からでも育てることができるそうなんです。
この種みたいなものがついているシクラメンはかかり火って言って、ピンク色なんですが、花びらが”かがり火”のような感じになっているんです。
種から育てたことはないんですが、もし育ってくれたら嬉しいなぁ~と思って、種を収穫できるまで待っているところです。
ネットなどで色々探してみると、種が茶色になったら収穫できるみたいです。
種から育てるのは、凄く大変そうなことが書いてありましたが、やったことがないので、一度やってみようと思っています。

今日は無料のお絵描きソフトで色々と落描きをしていました。
ちなみに使っていたお絵描きソフトはFireAlpacaというソフトです。このアプリはかなり出来がよくて、アマチュアが絵を描く分には足りない機能というのは基本的にないと思っていいくらいです。
わたしは女ですが、女の子を描くのがわりと好きなので色々落描きをしていました。ちなみにタブレットはワコムのBambooというタブレットが安くて高機能だったので、以前購入していました。

とまあ、時々お絵描きをするくらいなのでそんなに上手い訳じゃないんですが、最近久し振りにお絵描き用のタブレットをAmazonで見てみたら、ワイヤレスになっているみたいですね。じゃまっけなケーブルがなくなればお絵描きはより楽しくなるかな、で、前より楽しくなれば絵もちょっと上手く描けるかな……、と思わず欲しくなってしまい、うっかりポチりそうになってしまいました。あぶないあぶない!
でもまあ久し振りにタブレットを引っ張り出してきたので、折角だからまたお絵描きをしてみようかなと思った次第です。

はまります、宮廷の諍い女

今、bsフジで流している「宮廷の諍い女」を見ています。めちゃくちゃ面白いです。なんといっても、目が釘付けになるのが、そこに出てくる皇帝、清の皇帝、よう正帝の妃達の美しさです。主人公は、なんでも、以前、サントリーの烏龍茶のcmにでていた女優さんだそうです。その方も、超美人です。

しかし、私の一押しは、脇役ではあるけれど、「しんびそう」という妃です。可愛らしくて、可憐で、控えめ、性格もよし。見れば見るほど、はかなげなところが素敵です。

この「宮廷の諍い女」、実は、私の知っているところで、bsフジで放映されるのが2回目です。前の時、最後の方から見て、ハマりすぎました。ラスト近くに、私のおすすめの「しんびそう」さんが、なくなるシーンがあるのです。主人公はびそうさんの親友で、びそうさんを思って主人公が号泣するというシーンがあります。そこに、エンディングのテーマソングが流れるのですが、見ている、私も大号泣。また、再放送されたのを昨日発見して、大興奮です。

ドラマと言えばもう1つ「最高の離婚」スペシャル

土曜日に、「最高の離婚」スペシャルがやりますね!とっても楽しみですー!
あのドラマ、レギュラー放送の時は欠かさず見てました。瑛太さんの理屈っぽくて、神経質で、細かくて、こだわりの強すぎるキャラが最高。

終盤で、瑛太さんのお父さんがちらっと登場しましたよね。あのそっくりな感じも最高です。こういう親子いるいる!みたいな。
お父さん、ちょっとしか登場してないのにものすごい印象的でした。
あと、一人一人の心の声が、意外とおもしろいんですよね。現実では誰にもいえないけど、みんな結構おなじようなこと思ってるんじゃないかな?
そして、あのドラマのおかげで、私の中で綾野剛さんはすっかり、「ダメ男」にしか見えなくなりました。ダメ男くんだけど、女性がどうしても放っておけない男の人。似合いすぎる!
小野まちこさんと真木ようこさんも素敵ですよね。それぞれ共感できちゃうところがたくさん。
スペシャルはどんな展開になるんでしょうかね。

お遊戯会の衣装説明会

週末に子供の幼稚園のお遊戯会があり、衣装の説明会と写真撮影にいってきました。まずは上の子供のクラスで衣装の説明会がありました。今回は着物を着ての踊りということで私も子供も初めての経験でドキドキしました。先生に渡された袋のなかに、帯が入っていたので自分で着付けをしなくてはならないのかなと思って緊張しましたが、お母さんは子供に着物を着せるところまでできれば、帯の着付けは先生がしてくださるということで安心しました。

実際に子供に着物を着せて、髪飾りを付けて、リハーサルという形で踊りを見せてもらいました。年長さんらしくみんな踊りをしっかり覚えていて、表情も笑顔でこれなら当日も大丈夫かなと安心してみることが出来ました。また午後からは年少さんの下の子供の衣装説明会に行きました。年少さんは年長さんより少し丈の短い着物を着ました。

年少さんはおとなしくしているのが難しくて、なかなか思うように着付けが進まず、ちょっとやきもきしましたがなんとか形になりました。年長さんのように上手ではありませんが、初々しくてかわいらしい踊りをみせてくれました。本番も楽しんで踊ってほしいと思います。どうか本番まで流行りの風邪をひかないでほしいです。

今日はハンバーグ大量生産日

今日は近所のスーパーが特売日だったので、朝イチで行ってきて玉子・玉ねぎ・牛豚合挽き肉を大量にまとめ買いしてきました。
この材料で作るものといったら・・・子どもも大好きなハンバーク!

ハンバーグってけっこう手間隙かかるものなので、我が家では材料をまとめ買いできたらその日のうちに一気に大量生産してしまいます。

材料を混ぜて焼くところまで済ませてしまい、あら熱がとれたらジッパーのフリーザパックに入れて冷凍庫で冷凍保存します。
次回食べるときはレンジで解凍し、お好みのソースにからめるだけで完成です。
もちろんソースなしでも塩・こしょうで味付けしてあるのでおいしく食べられますし、お弁当のおかずにも重宝します。
今日はハンバーグのみ大量生産しましたが、同じタネをアレンジしてミートボールやロールキャベツなども作っておけば、夕食のローテーションに困りません。
ハンバーグは大量生産、冷凍保存がお勧めですよ^^ぜひ試してみてください。

男女の相性について

食べ物の趣味が合うって付き合う上でとても重要な事だと思います。
あまりに好き嫌いが違いすぎると食事を作るのも大変だし、外食するのも大変。
付き合う前の友達以上恋人未満の時に連れていってほしい場所は、料理の種類が多い居酒屋さん。

いい感じになった男性に1つ2つの絶対に食べたいものだけを伝え、あとは彼に注文する料理を決めてもらいます。
私は好き嫌いがすくないので大概のものは食べれますが、頼みたいものというのはあるんです。
何個か頼みたいものを心の中で決めておき、そのメニューを彼が頼んだら好みが一緒という事。
私の中で最初からご飯ものをオーダーする人はNG。

お酒が好きでゆっくり飲みたいのにまずは満腹感から得ようとする人が元彼にいたのですが、外食しても全く楽しくなかったのです。
串カツ屋さんでもいいですね。
彼が(アスパラ)と言えば(二本)と自分の食べたいものかぶしていけばいいのです。
好きなものを頼んでと言いながら、心の中でそんな事を考えてる女なんて怖いって思われるかもしれませんが、結婚を意識していなかったとしても、一生食べていかないと生きられないのに、その部分が合わないって致命的だと思いませんか。
初デートにおしゃれなところに連れていかれるよりも普段何が食べたいのかを知りたいのです。

あとはもちろん、純粋さですね。
ある程度、男性の浮気や不倫は仕方ないとも思いますが程度問題と思います。

自分が遊ぶとしても、家庭をないがしろにするような人と長期間付き合っていくのは難しいでしょう。
そう考えると、やはり一番良いのは、ピュアな人だと思うのです。
間違っても、興信所とかを使わせるような男を夫にはしたくないですね。探偵の価格ってものすごく高いし、不毛な争いはしたくないんです。

物の値段は、ある程度分かる人でも、こういう切羽詰まった時は、金額の相場を考えずに頼んでしまうので、なかなか下がらないんですよね〜。

後に引けなくなること

私は基本負けず嫌いではないのですが、
「やりたいと思っていたのに、何らかの理由が邪魔してできない」と言う事に対しては、
「絶対やりとげてやる!」と変な闘争心が沸きます。
たとえば友達の家でプレイステーションをやろうとしたとき、テレビの調子が悪くて、
映らなかったことがありました。
その時すでに夜中の12時だったのだけど、なんとしてでもやりたいと友達と燃えてしまい、
友達が「大学の研究室のテレビを持ってくる」と言い出して、
テレビを取りに行ったこともありました。

この間は、いつも行かない街で夜9時ごろご飯を食べようとしたら、
お店が全くなく、意地でも探してやると思い、探し回ってようやく見つけました。
しかし駅から遠い場所だった上、終電の時間を確認しなかったので、終電を逃してしまいました。
昨日も、とても寒くて吹雪いていたのですが、食事をしようとお店に行ったら定休日でした。
そこで帰ればいいものの、さらに歩いて遠くのお店に行ったりしました。
このように変な意地を張って、とても苦労することが多いです。
話しのネタになるからいいんだけどね。

Facebookのいいね!ボタンだけど……。

今日、文房具を特集しているブログでFacebookの「いいね!」の親指の形をしたクリップが売られているという記事を見ました。
他にもFacebookの「いいね」のマークは色々グッズ化されているということを聞いたような気がします。

でも去年「いいね!」ボタンはちょっとデザインが変更されましたよね。たしか一部のボタンのフキダシの中にちょっと残っただけだったと思います。
なんだかこれはすごくもったいない!

せっかく一種のキャラクター(?)グッズのように一般にまで浸透したんだから、このまま「いいね!」マークを前面に押し出していけばいいのに、と。そうすればよりFacebookの存在がわかりやすく一般に浸透するような気がしたのです。
ただのシンボルマークなのに、これくらい親しみやすいマークも珍しいと思ったのですけどね。
そのうちまたFacebookのボタンのデザイン、変更にならないかなあ……。とぼんやりそんな事を思いました。ほんとに惜しい!

考えて考えて行動するのだけれど。

私はとても心配性です。
石橋を叩いて渡る性格で、とにかく慎重に物事を考え、
ありとあらゆる角度から見て、悩みまくります。
にも関わらず、あんなに必死に考えていたはずなのに、
全然違う、突拍子もない行動や言動を出たとこ勝負でしてしまうのです。
そしてほとんど必ずそれが良い結果につながって、後悔することがありません。
あんなに悩んで苦しんでいたのはなんだったの?と言う感じです。

自分でも予想がつかない行動や言動をするので、自分じゃないみたいなんです。
今まではそういう出たとこ勝負で、上手くいく自分が嫌だった、
と言うより怖かったです。
なんだか上手く行きすぎるような気がして。
でも最近は、それが自分の運命なんじゃないかなと思うようになりました。
そういう自分を受け入れることができたわけです。
悩むのも考えるのも大事なことだけど、
考えすぎると不安ばかりが積もっていって、だからと言って成功するわけじゃないので、
辛い気持ちになるだけです。
出たとこ勝負で上手くいくと言う事は、本当はそういう「運」を持っているのではないかとも
思うので、それを信じてみようと思っています。

アメリカの受験戦争を考える

日本は今大学受験シーズンの真っ只中ですね。ここアメリカでも今ちょうど大学受験のシーズン後半戦といったところです。
日本とアメリカの大学受験の大きな違いは、何といっても日本の受験は試験日当日の一発勝負という点ですがアメリカは高校入学したその瞬間からの学業の記録が全て大学に提出されるので言ってみれば長距離走に例えると理解しやすいと思います。そう理解すると日本の大学受験は短距離走ということになりますね。
よく私達は、アメリカの大学は入るのは簡単で出るのは難しい、と思っていましたが今や大学受験の様相は大きく変化してしまいました。
所謂難関大学の合格はより難しく、そして中堅校以上の合格も並みの学習量ではなかなか勝ち取れなくなって来ているというのが現実のようです。
日本は少子化が進んでいますが、アメリカは逆に子供の人口は増加の一途をたどっています。これからますます大学受験が激化するとの予想もでているようですし、日本のような塾などの受験産業が益々幅を利かせてくるでしょう。

どの国の子供にとってもこれからどんどん競争社会となり、生きにくい世の中になって行きそうですね。

甥っ子に弟が産まれて

うちの甥っ子は甘えん坊で王様気質。
みんなに可愛い可愛いと言われて、いつも相手されていないと気が済まない。

そんな甥っ子だから、次の子が出来たら大変だろうなって、みんなで心配していた。

幼稚園に入っても、単独行動が多くて、いつも先生にくっついて、
先生を独占していた。
他のお友達の目にはどう映っていただろう…

自分の物はあげない。
他人の物は欲しがる。というか
当然貰えると思っていて、貰えないと泣き叫ぶ。
まだ小さいから、ある程度は仕方ないんだけども、同級生のお友達と比べてしまうとかなり色々と…心配な子だった。

そんな様子は、甥っ子のママ(私の姉)が次の子を妊娠してからも続いた。

ママのお腹には赤ちゃんが居るから、良い子にしてなくちゃ…
なんてこと、甥っ子が思える筈もなく、相変わらずの問題児っぷり。

でも、ママがママのお腹に話しかけてる。
パパもママのお腹に話しかけてる。そんな日々がしばらく続いて、わかってきたのか、ただ真似しただけなのか、
甥っ子もママのお腹に話しかけるようになった。

だいぶママのお腹が大きくなって、お出かけも出来なくなって。
でも甥っ子は怒らなかった。
ママがすぐ疲れて横になると、黙って見ていた。
時々、アンパンマンの真似をして、励ましていた。
なんだか優しくなってきたみたい。

それから少しして、ママが出産のため入院した。
甥っ子は寂しくて、家でよく泣いていた。

出産が終わってママに会えるようになったら、甥っ子はママにべったりだった。
これからはママを独り占めすることはできない。赤ちゃんをいじめたらどうしよう…と不安になった。

でも、
赤ちゃんを見てすぐ甥っ子は、
「かわいい」
そう言った。
何度も言った。
それだけじゃ、これからの不安は消えないけど、少なくとも嫌がってはいなかったので少し安心した。

それから4ヶ月が経とうとしている。
甥っ子は産まれた弟を抱っこして笑っている。
弟にお布団をかけてあげたり、泣いてるとママに教えてあげたりする。

あんなに甘えん坊さんだったのに、弟の面倒をみてるなんて驚きだ…。
良いお兄ちゃんになってくれて、ほんとに嬉しい。
子供って短期間で凄く成長するんだなって、改めて感じた。

小さな弟と、まだ幼いお兄ちゃん。
私にとってはどちらも可愛い甥っ子です。
これからも2人の成長を見守っていきたいな。